購入の時

マンションと空

公的年金が期待できない現代の時代では、将来の年金や保険の代わりのして、マンションなどの不動産投資を始める人が増えています。
例えば、マンションで投資をする場合には、その部屋を借りたり人が支払う家賃で生計を立てることが出来ます。
マンションの投資をはじめるにあたって、自己資金がその物件の2、3割ないとはじめられませんでした。
しかし最近では、自己資金の頭金がゼロ円からでもはじめることが出来る方法があります。
その方法とは、銀行などの金融機関が融資をしてくれたり、不動産投資会社が作っているプランに入ったりするなどをすると、頭金がゼロ円からでもはじめることができます。
そのような会社では、定期的にセミナーなどが開催されています。

マンション投資の類似については、株式証券などがあります。
これは、株式会社の証券株を購入して、高くなった時に売ると、高額な資産を手にできる可能性があるのです。
これは、不動産の売買と似ています。
また、競合については、同業の不動産会社が競合になる可能性があります。
なぜかというと、こういった投資を提案する不動産会社でも、顧客を獲得するために努めているからです。
顧客を獲得することで、マンションなどの不動産を売却することが出来ると、会社に資金が入ります。
その資金で会社を経営しているから、同業者同士の競合があります。
また、このような方法で資金を得るには、一見簡単そうに思えますが、リスクもあることも覚えておかなくてはなりません。